ニンナ・ナンナはひびの入った骨董になりました。    
       
       
   厨房から無人の客室の眺め。2022年7月    
       
     
       
  1998年11月にニンナ・ナンナはオープンしました。

たくさん収穫できるようになった、ブルーベリー、キウィフルーツ、そのほの果実。
オレガノ、バジル、カモミール、ミント、レモンバーベナ、そのほかのハーブ色々。
ラベンダー、バラ、そのほかの香りの花々。
春の訪れとともに、クリスマスローズ、水仙。それから、梅、桜、そのあとジューンベリーが満開。
加工用トマト、タマネギ、ニンニク。無農薬で育てたたくさんの野菜。ジャムには赤い茎のルバーブ。
自分とこだけで使い切るのはとても無理。
そこで、

平日はジャムにしたり、パスタソース作りの準備をしたり、ハーブの加工品を作る工房に。
週末はランチだけのパスタ料理店。
加工品作りをメインに考えていました。お食事のお客さまがこんな辺ぴな所まで来てくださるとは、
思ってもみませんでした。そして、みんな優しいお客さまばかり。
   
       
   あの頃ニンナ・ナンナは。。。